FC2ブログ
ふーでぃんぐ いん ふらんす 
料理初心者の食卓
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くるみとひまわりの種のタルトレット
20070213225234.jpg


タルト生地は、この前使ったタルト生地の残り。
フレキシパンっていうパティスリーには欠かせない、とても便利な型を、家用に購入したので、早速使ってみました。

ハチミツ風味なので、ジャンの口には合いませんでした。
次回はハチミツなしにします。

砂糖 75g
はちみち 37g
水 少々

を鍋でカラメル色になるまで煮詰める。

温めた生クリーム100gを少しずつ加え、オーブンで温めておいたナッツ類(計125g)を加え、かたまらないうちに、空焼きしたタルトに詰める。
スポンサーサイト
ナッツスティック1
20070210220316.jpg


こういう感じのお菓子を、もうちょっと研究したいと思ってます。
今回使ったのは、ゴマ・ひまわりの種・かぼちゃの種です。
つなぎの砂糖類に、ハチミツを使ったのだけど、くどすぎました。
もうちょっと、実験してからレシピ出します。
そば湯のゼリー
20070210220202.jpg


見た目で、ジャンには不評のこの一品。
蕎麦湯が体にいいなんて、日本人くらいしか信じないよね~。

日本から送ってもらった蕎麦の蕎麦湯を捨てるのがもったいないと思って作りました。
黒蜜もどきがかかってます。

そば湯 500CC
ゼラチン 8g(←やわらかめ。10gの方がいいかもしれない)
砂糖 大匙2~4位

黒蜜もどき
sucre complet 60g(色々な黒っぽい砂糖で試してみたい)
水 30g

煮立てて、冷ます。
チョコとキャラメルサレのタルト
20070210220115.jpg


ちょっと素敵な料理雑誌に載っていたのを作ってみました。
タルト生地を空焼きして、コンデンスミルクを使ったカラメルソースを流し、ガナッシュを流したもの。
カラメルソースのレシピが改善の余地ありだったので、もうちょっと研究します。
そうじゃなかったら、この組み合わせと、食感たまりません~。
押し寿司その2
oshizushi2.jpg


適当に作ったこっちの方が、おいしいし、いかにも押し寿司!

パウンド型を使用。
1・スモークニシン
2・酢飯
3・錦糸玉子
4・マヨネーズ
5・酢飯+きゅうりの薄切り(塩でしんなりさせたもの)+炒りゴマ

スモークニシンをスモークサーモンにかえてもおいしそう!
押し寿司その1
最近、おもてなしに押し寿司は、素敵だなと思って、色々試そうと思っている。
その第1弾が、これ。
oshizushi1.jpg


味噌汁椀に、ラップを敷き、
1・錦糸玉子の千切り(コツは、小麦粉を水で溶いたものを足す事らしいです)
2・サラダ寿司
を詰め、押し込み休めて、ぱかっとお皿に出して、ニンジンとインゲンで飾り付けるだけ。

サラダ寿司
きゅうりの薄切り(塩もみ)
レモン汁 1/2個分
レモンの皮すりおろし 1/2個分
ツナ缶80g
炒りゴマ
ごはん

かわいいけど、味はイマイチでした。
また他のに挑戦します。
お手軽前菜・ジャンのお母さんの腕前
20070210214216.jpg


綺麗でしょ。
これはジャンのお母さん作。
ジャンのお母さんは、料理がうまい。
でもね、いつも、よく観察してると、手抜きも上手いことに気がつく。

これも、ゴージャスで綺麗だけど、簡単。

缶詰のアスパラガス、ゆで卵、サラミ?を綺麗に並べただけ。
並べ方がポイントですね。
鴨のコンフィ
20070210213624.jpg


Confit de canard=鴨のコンフィが、フランスのスーパーでは気軽に買える。
缶詰に入っていて、もも肉4つで10ユーロ位~。
そもそも、コンフィとは、肉をその脂で煮込んだ保存食。
とっても、こってりしてて、おいしい。
こんな時は、ダイエットを忘れた方がいい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。