FC2ブログ
ふーでぃんぐ いん ふらんす 
料理初心者の食卓
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お手軽前菜・ジャンのお母さんの腕前
20070210214216.jpg


綺麗でしょ。
これはジャンのお母さん作。
ジャンのお母さんは、料理がうまい。
でもね、いつも、よく観察してると、手抜きも上手いことに気がつく。

これも、ゴージャスで綺麗だけど、簡単。

缶詰のアスパラガス、ゆで卵、サラミ?を綺麗に並べただけ。
並べ方がポイントですね。
スポンサーサイト
鴨のコンフィ
20070210213624.jpg


Confit de canard=鴨のコンフィが、フランスのスーパーでは気軽に買える。
缶詰に入っていて、もも肉4つで10ユーロ位~。
そもそも、コンフィとは、肉をその脂で煮込んだ保存食。
とっても、こってりしてて、おいしい。
こんな時は、ダイエットを忘れた方がいい。
サラダソーメン
20061223232426.jpg


簡単で野菜たっぷり。
今回のポイントは、香菜(コリアンダー)。
ジャンはあまり好きじゃないみたいだけど、私もあまり好きじゃなかったのに今は大好き。
香菜のおかげで、のっぺらした一皿が、がらっと変わります。
コチュジャンとサムジャンチキン
20061223232033.jpg


名前のままですが、韓国の味噌系調味料、コチュジャンとサムジャンを1:1で混ぜて、鶏肉につけてオーブンで焼くだけ。
ピリ辛でイケます!
韓国に詳しい友達に教わって作ったつもりだったのだけど、友達のレシピはコチュジャンと韓国味噌1:1だったのでした。
レモンを添えるといいらしいです。
タイのレッドカレー
20061023190305.jpg

前も書いたけど、タイのレッドカレーにはまってます。
今回もありあわせの野菜で作りました。
作り方はまたのページを参照…


20061023190332.jpg


ついにタイのグリーンカレーペーストと、イエローカレーペーストを購入しました!
それぞれ1ユーロ以下でした。
レッドカレーペーストを使い終わったので、次は、グリーンカレーに挑戦します。

原材料が気になったのでここに書きとめておきます。
●レッド
カイエンヌペッパー
ガーリック
オニオン
スパイス
ガランガ
ジンジャー

レモングラス

●グリーン
カイエンヌペッパー
ガーリック
オニオン
スパイス

レモングラス
ガランガ

●イエロー
唐辛子
ガーリック
オニオン
スパイス
タマリンド
砂糖
砂糖
ソーセージと玉ねぎのキッシュとライスサラダ
20060901044358.jpg


昨日の余ったタルト生地で、キッシュを作りました。
ある材料でということで、炒めたソーセージと玉ねぎ。
もちろん、エメンタールチーズも忘れずに!
そして、キッシュ用液も、あり合わせで、生クリーム抜きのいつもよりヘルシーなものに。
あり合わせだったけど、おいしかったし、生クリーム抜きでも、キッシュはおいしいという、嬉しい発見つきでした!

ヘルシー?キッシュ液のレシピ

牛乳 125CC(普通は1:1で牛乳と生クリームなんです!)
卵 1個
塩・こしょう・(ナツメグ)
トマトのタルトのランチ
20060901044409.jpg


ジャンが定番・トマトのタルトを作りたいと言うので作ってもらいました。
見た目はイマイチだけど、サックリした生地になりました。
隠し味に、マスタードを敷いて、エメンタールチーズとトマト、あったら黒オリーブを散らすともっとよいのだけど。

付け合せは、にんじんサラダと茄子のマリネ。
にんじんサラダには、パセリと乾しレーズン、松の実そして、隠し味にクミンを加えてみました。
ちょっとアラブ風?

おかずケーキ CAKE SALE
20060722054645.jpg


フランスでは、持ち寄りパーティーの時によく作られるCAKE SALE。
簡単で、おいしいんだけど、すごくリッシュな配合です。
具はいろいろバリエーションがあると思いますが、今回はベーシック+乾燥トマトのオイル漬けにしました。

材料
A/薄力粉 180g 塩 少々 ベーキングパウダー 7.5g

卵 3個
油 100g
辛口白ワイン 100g
(牛乳で代用可と思います)

具/
グリーンオリーブ 150g
(鍋に水とオリーブを入れ火にかけ沸騰したら、水を切り輪切りに)
ベーコン 70g
(ハムで代用した方がオーソドックス)
おろしたエメンタールまたはグリエール 100g
(日本だったらピザ用とけるチーズ?)
乾燥トマトのオイル漬け 5切れ
(適当にカット)

作り方
1・Aを混ぜ、卵を1個ずつ加えていく。
2・油を少しずつ加える。
3・ワインを少しずつ加える。
4・残った材料(具)を加え、優しく混ぜる。
5・バターを薄く刷毛で塗ったパウンド型に流し、180度に温めておいたオーブンで約40分焼く。


サボア地方料理・タルティフレット・ジャガイモのグラタン
20060304223955.jpg

ずっと前から作ってみたかった料理。
サボア地方にはフランスのアルプス山岳地帯にあるので、寒さをしのいで、体力を保つ為の、こってりした料理が数多く存在します。

この料理に欠かせないのは、サボア地方のチーズ、ルブロション(reblochon)。
20060304223905.jpg


タルティフレットの作り方
・チーズの皮をそぎ落とし、スライスする。
・オーブン皿にニンニクをこすりつけておく。
1・薄切りにした玉ねぎを油で炒め、賽の目切りにしたジャガイモを加える。
2・よく火が通ったら、ベーコン(lardon=ベーコンの棒切り)を加え、軽く炒める。
3・2をオーブン皿にいれ、チーズを並べる。
4・200度のオーブンにいれ、チーズが溶けるまで焼く。(20分位)
20060304223927.jpg

フランスのおいしいもの★生ソーセージ
saucisse.jpg

こんな感じで売っていて、焼いて食べる。
本当においしい!
私の住んでいるトゥールーズの名産でもある。
値段もお手ごろ。(これで3ユーロくらい=だいたい420円)
フランスに来たら是非食べて欲しいもののひとつ。

お昼にマッシュというサラダ菜と一緒にいただきました!
20060304223815.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。